キャッシング時の個人信用情報

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

キャッシング時の個人信用情報

キャッシングを申し込んだ時の事前審査で、キャッシング会社が重要視するのが個人信用情報と言われるものです。
通常言われている個人情報と名称は似ていますが、この個人信用情報には学歴、職歴、家族情報などの個人情報
ではなくキャッシングやクレジットの契約内容、キャッシング利用状況、返済状況などなどの信用に関する
情報だけが参考にされるのです。
キャッシング会社は借り入れの申し込みを受けると個人信用情報機関を介して申込者の個人信用情報を受け
それをもとにして返済能力を判断します。
この「個人信用情報機関」というのは個人の信用情報を収集してその情報を会社に提供する機関となっていて
実は全国に33社ある民間の株式会社なのです。
この「個人信用機関」があるため過剰な融資を防止することが出来るのです。
キャッシングを申し込むと会員規約をもらいますが中には「個人信用情報機関に登録することに同意します。」と
書かれています。これは、申し込んだキャッシングの情報を登録していいという意味になります。
これに同意しなければキャッシングを受けることは出来ません。
個人信用情報機関に登録することで次に別の会社でキャッシングしたりローンを組むときに、その会社での審査の基準になるのです。